2022年8月に観た映画

神々の山嶺 ('21 フランス/監督:パトリック・アンベール) 原作の発表時点でおそらくすでに、戦後映画における男のロマン領域は過去のものという認識が為されていたように思う。谷口ジローの描くキャラクターの乾いた写実性、背景のスクリーントーンを多様…

2022年7月に読んだ本

テュルリュパン テュルリュパン ――ある運命の話 (ちくま文庫) 作者:レオ・ペルッツ 筑摩書房 Amazon 発達障害という症例概念が発見されていなかった近世のフランス。市民革命より100年も前に、実は王権転覆の気運は高まっていた。ではなぜそれが頓挫したか… …

2022年7月に観た映画

リコリス・ピザ ('21 アメリカ/監督:ポール・トーマス・アンダーソン) 美形でもなく不細工でもない歳の差カップル。少年の方はふわふわしたステージ志向の片親育ち、女の方は教義を守ることに口うるさい信仰家庭で親姉妹と同居。このトッピングは苦いとい…

2022年6月に読んだ本

パチンコ (上・下) パチンコ 上 (文春e-book) 作者:ミン・ジン・リー 文藝春秋 Amazon 百年四世代にわたるとある朝鮮人一族の歴史。戦争と経済とを縦軸に、苦悩と後悔と愛情と歓喜とを横軸に用いた物語になっており、ここまで堂々たる大河小説はひさしぶりに…

第65回2022夏調査

アニメ調査室(仮)さんにて開催中。以下、回答記事です。 2022夏調査(2022/4-6月期、終了アニメ、50+1作品) 第65回 01,CUE!,x 02,であいもん,x 03,パリピ孔明,x 04,SPY×FAMILY,x 05,トモダチゲーム,x 06,ヒーラー・ガール,x 07,じゃんたま PONG☆,x 08,かぎな…

2022年6月に観た映画

オフィサー・アンド・スパイ ('19 フランス/監督:ロマン・ポランスキー) 全編に渡って演出と撮影に抑制が効いており没入感がすごい。歴史に名高い「ドレフュス事件」の内容についてはほとんど知識がなかったが、最低限の説明で理解ができるように作られて…

OVA「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」('98/全13話 監督:川越 淳)

ついにゲッターロボOVA三作の起点たるチェンゲまでさかのぼってきた。たしかBS放送で視た時は第1話で挫折し、それからも配信で3、4回は試みが途絶した自分にとってはまあまあの曰くつき作品である。なにしろ画面の中でキャラクターが何をやっているか、敵対…

2022年5月に観た映画

犬王 ('21/監督:湯浅政明) 湯浅作品にありがちだった、ドラマの求心力の薄さが本作にはまったく無くてその時点でこれはただ事ではないのだと悟った。自分の運命の根本を探す主人公ふたりは、将来という名の行く先を求めようとしない。興奮の絶頂へ大衆に同…

OVA「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」('00/全4話 監督:川越 淳)

タイトルで味方のロボット同士がガッツリ戦闘しあうストーリーを連想するが、組み合いません。というか二体並んで立ってるシーンすらありません(OP除く)。かつて昭和年代に子どもたちを映画館へ吸い寄せていた「東映まんがまつり」へのオマージュをストーリ…

すべてが3Dプリンタ女体・中二病突破主義・メスゴリラナイーヴ宣言になる。

「攻殻機動隊SAC‗2045」全24話 (監督:神山健治×荒牧伸志) を視終えた。やりたい放題度では攻殻史上「イノセンス」と並ぶのではないだろうか。前半ではエピソード同士の繋がりの見えなさが散漫に思えたりもしたものの、振り返ってみるといつも通りに作家性が…

2022年5月に読んだ本

東京ゴースト・シティ 東京ゴースト・シティ 作者:バリー・ユアグロー 新潮社 Amazon 人気のある都市というのは、大概が過去に生きた人々の痕跡がじんわりと肌で感じられる。知日家でもあるナンセンス小説の名手ユアグローが、出版社の招へいに応じて短期逗…

OVA「新ゲッターロボ」(’04/全13話 監督:川越 淳)

昨年にTV放送されたゲッターロボシリーズの最新作「ゲッターロボアーク」でなぜか急にゲッター線に目覚めてしまった(伏線としては幼少期に読んだ石川版ゲッターロボがある)余波として、同シリーズの平成OVA三作の掉尾を飾る「新ゲッターロボ」をはじめて最終…

2022年4月に観た映画

ナイトメア・アリー ('21 アメリカ/監督:ギレルモ・デル・トロ) どの街にもある『悪夢小路(ナイトメア・アリー)』。そこでは人生という迷路で袋小路に詰まった者たちが行き倒れている。悪意、失望、孤独、格差、搾取。あらゆる悲惨がカードのように目の前…

2022年3月に観た映画

ライダーズ・オブ・ジャスティス ('20 スウェーデン、デンマーク、フィンランド/監督:アナス・トマス・イェンセン) テック陰謀論、家族間虐待、社会的弱者、有害な男性性、ネオリベ接近ギャング。様々な現代の問題を詰め込んで、よくこの着陸点に辿り着い…

2022年4月に読んだ本

フロイト、夢について語る フロイト、夢について語る (光文社古典新訳文庫 Bフ 1-5) 作者:フロイト 光文社 Amazon フロイトは名著『夢判断』のあとにもちょこちょこと夢と無意識とにまつわる論文を書いていたそうで、それらを集めた内容だけに(ん、先生その…

第64回2022春調査

アニメ調査室(仮)さんにて開催中。以下、回答記事です。 2022春調査(2022/1-3月期、終了アニメ、61+2作品) 第64回 01,殺し愛,x02,ぷちセカ,x03,東京24区,x04,平家物語,S05,オリエント,x 06,スローループ,x07,トライブナイン,F 08,プラチナエンド,x09,マジカ…

2022年3月に読んだ本

ゴーイング・ダーク ゴーイング・ダーク 12の過激主義組織潜入ルポ 作者:ユリア・エブナー 左右社 Amazon 巧妙化が進むインターネット上の極右の動きに対抗するために、国家とも繋がりの深いシンクタンクに所属する若き女性である著者が時には自ら対象団体に…

2022年2月に観た映画

ユンヒへ ('19 韓国/監督:イム・デヒョン) 日本映画「Loveletter」に触発されての企画ということで、雪の函館のなんてことない住宅地の景色がとても印象的である。ただ、ドラマの骨格がもうひとつ弱く全体としてボンヤリとした感触。それが、娘と男友人パ…

2022年2月に読んだ本

掠れうる星たちの実験 掠れうる星たちの実験 作者:乗代雄介 国書刊行会 Amazon サリンジャーへの作家論である表題作を中心に新刊レビューと未発表作を交えた短編小説とで構成された割と変則的な一冊。この人の書評、わたしよく分かんねえな。でも文章の表面…

2022年1月に読んだ本

平家物語 平家物語 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 河出書房新社 Amazon 小説家の古川日出男による現代訳。自分は馬がかわいそうでつらいので騎上戦よりも舳先が細い船をかち合わせる海上戦の方を重点的に読んだ。しかしなかなかどうして、痛そうというか残…

2022年1月に観た映画

「偶然と想像」(’21 /監督:濱口竜介) オムニバス3つとも、予測の付かないドラマと実在感のある演出とで一瞬も退屈させられる隙がない。想像の先にまた偶然が生まれ、想像を超えて偶然はめぐり来る。世界への皮肉な視点さえ自ら包括するかのような豊かで…

2022年冬期のアニメ視聴状況

<新規> 進撃の巨人 The Final Season(第二期) 非常に滑らかな導入の再開第1話だった。 鬼滅の刃 遊郭編 TV第一期や無限列車編より更にアニメスタッフの意図が鮮明になってきた。 TRIBE NINE エクストリーム野球。やきうはニッポンジンの魂。高い脚本力に堅…

第62回2022冬調査

アニメ調査室(仮)さんにて開催中。以下、回答記事です。 2022冬調査(2021/10-12月期、終了アニメ、60+2作品) 第63回 01,takt op.Destiny (タクトオーパス),x02,MUTEKING THE Dancing HERO,F03,プラオレ! PRIDE OF ORANGE,x04,TSUKIPRO THE ANIMATION2,x05,ビ…

2021アニメ10選

◇ 今年は自分が偏愛するロボットアニメがいつになく充実していたが、中でもこの5作。 〈映画〉閃光のハサウェイ 〈映画〉シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| 〈映画〉蒼穹のファフナーTHE BEYOND 〈TV〉ゲッターロボアーク 〈TV〉メガトン級ムサシ 2021年…

話数単位で選ぶ、2021年TVアニメ10選

aninado.com さん、集計作業ありがとうございます(よろしくお願いします) ◆「話数単位で選ぶ、2021年TVアニメ10選」ルール◆ ・2021年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。 ・1作品につき上限1話。 ・順位は付けない。 ・集計…

2021年観ようか迷った映画メモ

友達やめた。 春江水暖 少年の君 茜色に焼かれる 海辺の彼女たち きまじめ楽隊のぼんやり戦争 空に聞く 夏時間 クー!キン・ザ・ザ 逃げた女 東京クルド プロミシング・ヤング・ウーマン 返校 言葉が消えた日 フリー・ガイ モンタナの目撃者 エターナルズ ミ…

2021年12月に読んだ本まとめ

ギケイキ(Ⅰ,Ⅱ) ギケイキ2: 奈落への飛翔 作者:町田康 河出書房新社 Amazon 一冊目は頼朝とともに平家打倒、源氏復興に立つまで、二冊目は兄の頼朝に政敵とされて都落ちする中で愛妾の静と別れるまで。現代日本に意識を置いたままらしき九郎判官義経が、く…

2021年12月に観た映画まとめ

ラストナイト・イン・ソーホー ('21 イギリス/監督:エドガー・ライト) ネオンの夜に閃く未知への期待とやがての悪夢。若さに待ち受けるのは常に罠なのか。時代を超えてつながるものは果たしてそこに在るのか? B級ホラーのチープさとストイックに絞られた…

2021年映画ベストテン

いつもながら個人的な興味マッチング6割、完成度への賞賛4割ぐらいで決めてます。 クローブヒッチ・キラー(’18 アメリカ/監督:ダンカン・スキルズ) 犯人の歪さとアメリカ家庭を抽象化した居室空間の静寂さとのギャップが冴える。 最後の決闘裁判 ('21 イ…

2021年11月に観た映画まとめ

蒼穹のファフナー THE BEYOND最終章 ('21 監督:能戸 隆) 今回は特に三話のなかでの内容振り分けが明確で、第10話で最終決戦の前の感情のやりとり、第11話で思い切りの戦闘描写(大スクリーンに見合った圧巻さで実際の尺以上に感じた)、第12話でエピローグと…