第67回2023冬調査

アニメ調査室(仮)さんにて開催中。以下、回答記事です。(リストは次の行から)2023冬調査(2022/10-12月期、終了アニメ、47+2作品) 第67回01,忍の一時,x 02,後宮の烏,x 03,風都探偵,z 04,虫かぶり姫,x 05,不徳のギルド,x 06,チェンソーマン,A 07,恋愛フロップ…

2023年冬(第1クール)アニメ所感

今期はひさしぶりに自分の好みに合うシーズンになりそうなので、視聴継続しそうな作品をリストアップしてみます。順番はdアニメストアで更新される曜日順。The Legend of Heroes 閃の軌跡 Northern War 近世ヨーロッパ風ファンタジー戦記。怪物倒しと政治劇…

敗れし者たちがステップを踏むとき ~2022年アニメいろいろ~ 

2022年のアニメは…と思う時、サイエンスSARUが送り出した姉妹作品「平家物語」と「犬王」の二つが真っ先に浮かんでくる。これらは結局何を謳っていたかというと、共感による交換性という"宝物"はつねに精神と呼ばれる"海"の底に眠っているという確信。それを…

2022年12月に読んだ本

アホウドリの迷信 アホウドリの迷信 現代英語圏異色短篇コレクションスイッチパブリッシングAmazon二人の翻訳者が、近年の英語圏短編小説から気になる作品を持ち寄る形式のアンソロジー。意図せざる結果と思うが、男女比率は1:7で女性作家が多い。主観と…

2022年12月に観た映画

ある男 ('22 監督:石川 慶) 石川監督はデビュー作「愚行録」以降、少しずつ作劇や演出にウエットさを加えていっており、たとえば本作では弁護士がファイルを顧客の前でバンと叩きつけるカット、ジムのオーナーが煮え切らない弟子の態度に激昂するシーンなどは…

2022年9月に読んだ本

愚か者同盟 愚か者同盟作者:ジョン・ケネディ・トゥール国書刊行会Amazon60年代のニューオーリンズ。初老の母と二人暮らしの自称哲学者イグネイシャスは、無職の身から脱せねばならなくなり、傾きかけた縫製工場の事務員や路上ホットドッグ売りを経験する。…

2022年10月に読んだ本

骨は知っている 骨は知っている――声なき死者の物語作者:スー・ブラック亜紀書房Amazon法医解剖学者が実際の犯罪解明のための職務に際して感じたことなどを織り交ぜながら、様々なケースを追う。殺人事件としてはすっきりと解決しないながらも、被害者が受け…

2022年11月に読んだ本

大正女官、宮中語り 大正女官、宮中語り作者:山口幸洋創元社Amazon大正天皇時代に女官として仕えた(当時、側室制度は廃れていた模様)女性の老境に聞き取りを行ったその記録。読んでいる内にこそばゆく感じてくる宮中ことばがなんとも印象深い。皆で百貨店に…

「真マジンガー 衝撃!Z編」めっちゃ面白いやん。

これまで今川アニメを視ていてどうにもしこりが残っていた部分が「真マジンガー 衝撃!Z編」('09)*1にはなかったのが自分で不思議で、ブログエントリしておく気になった。 いや、全然しこりがないわけではない。「大団円」というサブタイトルながら何にも終…

剥奪されつづける個人 「チェンソーマン」

アニメ版第6話のビジネスホテル(殺風景だがそこそこ築浅なのかすっきりしたインテリア)のダブルベッドで横になるデンジが、自らの言葉のままにミッションの先行きを心配せずただ寝心地の良さを味わっているのを改めて見て、このキャラクターがいかに過酷な…

第66回2022秋調査

アニメ調査室(仮)さんにて開催中。以下、回答記事です。 リストは次の行から) 2022秋調査(2022/7-9月期、終了アニメ、52+7作品) 第66回 01,てっぺんっ!!!!!!!!!!!!!!!,x02,ちみも,x03,アオアシ,x04,むさしの!,x05,KJファイル,x06,ブッチギレ!,z07,黒の召喚士…

最近読んだ漫画:2022夏~秋

ツレ猫 マルルとハチ ツレ猫 マルルとハチ(1) (コミックDAYSコミックス)作者:園田ゆり講談社Amazon既刊2巻。コミックDAYS(講談社)にてweb連載中。とにかく、猫の生態への理解度が半端ない。主人公のペットショップ出身猫・マルルはふと庭にやってきた…

2022年8月に読んだ本

エドワード・ホッパー作品集 エドワード・ホッパー作品集作者:江崎聡子東京美術Amazonホッパーの画家としての出発点は、フランス絵画をはじめとして伝統を長く保ってきたヨーロッパへの憧れがにじみ出る印象派の影響の強い作風からだった。しかし(建国から浅…

2022年8月に観た映画

神々の山嶺 ('21 フランス/監督:パトリック・アンベール) 原作の発表時点でおそらくすでに、戦後映画における男のロマン領域は過去のものという認識が為されていたように思う。谷口ジローの描くキャラクターの乾いた写実性、背景のスクリーントーンを多様…

2022年7月に読んだ本

テュルリュパン テュルリュパン ――ある運命の話 (ちくま文庫) 作者:レオ・ペルッツ 筑摩書房 Amazon 発達障害という症例概念が発見されていなかった近世のフランス。市民革命より100年も前に、実は王権転覆の気運は高まっていた。ではなぜそれが頓挫したか… …

2022年7月に観た映画

リコリス・ピザ ('21 アメリカ/監督:ポール・トーマス・アンダーソン) 美形でもなく不細工でもない歳の差カップル。少年の方はふわふわしたステージ志向の片親育ち、女の方は教義を守ることに口うるさい信仰家庭で親姉妹と同居。このトッピングは苦いとい…

2022年6月に読んだ本

パチンコ (上・下) パチンコ 上 (文春e-book) 作者:ミン・ジン・リー 文藝春秋 Amazon 百年四世代にわたるとある朝鮮人一族の歴史。戦争と経済とを縦軸に、苦悩と後悔と愛情と歓喜とを横軸に用いた物語になっており、ここまで堂々たる大河小説はひさしぶりに…

第65回2022夏調査

アニメ調査室(仮)さんにて開催中。以下、回答記事です。 2022夏調査(2022/4-6月期、終了アニメ、50+1作品) 第65回 01,CUE!,x 02,であいもん,x 03,パリピ孔明,x 04,SPY×FAMILY,x 05,トモダチゲーム,x 06,ヒーラー・ガール,x 07,じゃんたま PONG☆,x 08,かぎな…

2022年6月に観た映画

オフィサー・アンド・スパイ ('19 フランス/監督:ロマン・ポランスキー) 全編に渡って演出と撮影に抑制が効いており没入感がすごい。歴史に名高い「ドレフュス事件」の内容についてはほとんど知識がなかったが、最低限の説明で理解ができるように作られて…

OVA「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」('98/全13話 監督:川越 淳)

ついにゲッターロボOVA三作の起点たるチェンゲまでさかのぼってきた。たしかBS放送で視た時は第1話で挫折し、それからも配信で3、4回は試みが途絶した自分にとってはまあまあの曰くつき作品である。なにしろ画面の中でキャラクターが何をやっているか、敵対…

2022年5月に観た映画

犬王 ('21/監督:湯浅政明) 湯浅作品にありがちだった、ドラマの求心力の薄さが本作にはまったく無くてその時点でこれはただ事ではないのだと悟った。自分の運命の根本を探す主人公ふたりは、将来という名の行く先を求めようとしない。興奮の絶頂へ大衆に同…

OVA「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」('00/全4話 監督:川越 淳)

タイトルで味方のロボット同士がガッツリ戦闘しあうストーリーを連想するが、組み合いません。というか二体並んで立ってるシーンすらありません(OP除く)。かつて昭和年代に子どもたちを映画館へ吸い寄せていた「東映まんがまつり」へのオマージュをストーリ…

~すべてが3Dプリンタ女体・中二病突破主義・メスゴリラナイーヴ宣言になる。~「攻殻機動隊SAC_2045」

「攻殻機動隊SAC_2045」全24話 (監督:神山健治×荒牧伸志) を視終えた。やりたい放題度では攻殻史上「イノセンス」と並ぶのではないだろうか。前半ではエピソード同士の繋がりの見えなさが散漫に思えたりもしたものの、振り返ってみるといつも通りに作家性が…

2022年5月に読んだ本

東京ゴースト・シティ 東京ゴースト・シティ 作者:バリー・ユアグロー 新潮社 Amazon 人気のある都市というのは、大概が過去に生きた人々の痕跡がじんわりと肌で感じられる。知日家でもあるナンセンス小説の名手ユアグローが、出版社の招へいに応じて短期逗…

OVA「新ゲッターロボ」(’04/全13話 監督:川越 淳)

昨年にTV放送されたゲッターロボシリーズの最新作「ゲッターロボアーク」でなぜか急にゲッター線に目覚めてしまった(伏線としては幼少期に読んだ石川版ゲッターロボがある)余波として、同シリーズの平成OVA三作の掉尾を飾る「新ゲッターロボ」をはじめて最終…

2022年4月に観た映画

ナイトメア・アリー ('21 アメリカ/監督:ギレルモ・デル・トロ) どの街にもある『悪夢小路(ナイトメア・アリー)』。そこでは人生という迷路で袋小路に詰まった者たちが行き倒れている。悪意、失望、孤独、格差、搾取。あらゆる悲惨がカードのように目の前…

2022年3月に観た映画

ライダーズ・オブ・ジャスティス ('20 スウェーデン、デンマーク、フィンランド/監督:アナス・トマス・イェンセン) テック陰謀論、家族間虐待、社会的弱者、有害な男性性、ネオリベ接近ギャング。様々な現代の問題を詰め込んで、よくこの着陸点に辿り着い…

2022年4月に読んだ本

フロイト、夢について語る フロイト、夢について語る (光文社古典新訳文庫 Bフ 1-5) 作者:フロイト 光文社 Amazon フロイトは名著『夢判断』のあとにもちょこちょこと夢と無意識とにまつわる論文を書いていたそうで、それらを集めた内容だけに(ん、先生その…

第64回2022春調査

アニメ調査室(仮)さんにて開催中。以下、回答記事です。 2022春調査(2022/1-3月期、終了アニメ、61+2作品) 第64回 01,殺し愛,x02,ぷちセカ,x03,東京24区,x04,平家物語,S05,オリエント,x 06,スローループ,x07,トライブナイン,F 08,プラチナエンド,x09,マジカ…

2022年3月に読んだ本

ゴーイング・ダーク ゴーイング・ダーク 12の過激主義組織潜入ルポ 作者:ユリア・エブナー 左右社 Amazon 巧妙化が進むインターネット上の極右の動きに対抗するために、国家とも繋がりの深いシンクタンクに所属する若き女性である著者が時には自ら対象団体に…