2022年4月に観た映画

ナイトメア・アリー ('21 アメリカ/監督:ギレルモ・デル・トロ)

どの街にもある『悪夢小路(ナイトメア・アリー)』。そこでは人生という迷路で袋小路に詰まった者たちが行き倒れている。悪意、失望、孤独、格差、搾取。あらゆる悲惨がカードのように目の前で展開される。さあ、どれを引く?  しかし他人を陥れる狡さと悪意の深さで社会階層を上がれるのなら、人生は表面的な美醜とは無関係に等しく汚泥で舗装されていることになる。その生の真実が“物語”というロジックの枠にきっちり嵌った瞬間、一滴のカタルシスを感じるのも救いといえるのかもしれない。ブラッドリー・クーパー演じる主人公の最後の笑/泣顔が脳裏を去らない。

 

アネット ('21 フランス・ドイツ・ベルギー・日本・メキシコ/監督:レオス・カラックス)

恋のたかまりを表現した美しいポスターに騙されるが、これは愛の物語ではない。さらにいうと、そのシーンはドメスティック・バイオレンスの現場なのだ。なんという悪童精神。カラックスここに在り。SNS時代の寵児となる赤ん坊の(劣等感から妻を虐待した夫の娘)アネットはなんとマリオネットとしてほぼ全編に演出される。かえって手間かかるだろ!それもしかしてコンプラ全盛時代へのアイロニーか?でも面白い。すべてのカットが腰すわって視点が定まった構図。アネットの歌が世界を席巻する描写の、偶像が夜空をきらきらと回転するイメージのバカらしさと愛らしさの両立。『ホーリー・モータース』よりさらに進んだ自作客体化を見せてもらって、あちらは不満気味だった自分は本作はかなり好き。親子関係という今もっともセンシティブな対象への着地点も納得がいくものだった。そしてどの街も夜が美しかった(でも東京の高層ホテルからの夜景、あれ実際の撮影はマカオとか香港じゃない?)。

 

MEMORIA ('21 コロンビア・タイ・イギリス・メキシコ・フランス・ドイツ・カタール/監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン)

ポスターの良さに惹かれて観に行ったので、環境ビデオとしては満足。ただ、このカットさすがに長すぎでしょ?ということが一度ならずあったので、自分はあんまりこの監督の良さは分からないかもしれない。講義室に満ちるセッションの演奏音、ジャングルに降りしきる雨の落下音を経ての、絶対的な無音/爆音へと至るイメージの旅としてはそれなりに浸ることができた鑑賞体験だった。

2022年3月に観た映画

ライダーズ・オブ・ジャスティス ('20 スウェーデンデンマークフィンランド/監督:アナス・トマス・イェンセン)

テック陰謀論、家族間虐待、社会的弱者、有害な男性性、ネオリベ接近ギャング。様々な現代の問題を詰め込んで、よくこの着陸点に辿り着いたなと思った。それで済むのかしらというアラはあるものの、まあクリスマスだしな!とムードで流せるいい加減さもこの映画のチャーミングなところ。銃撃戦でのもうさすがにダメ、終わった…からの展開は久しぶりに映画で胸がスッとした。印象的なキャラクターのバリエーションでは今年の指折り。特にカウンセリングを受けすぎてカウンセラーの真似事が出来てしまう内向的なおじさんが現実感あって良かった(もうしませんごめんなさいってシーンがほんとに沁みた)。心が深く傷ついた人たちのサークル物語であり、あるいは新たなるランボー型破天荒アクションでもあり。

 

THE BATMAN ('22 アメリカ/監督:マット・リーヴス)

暗くリアルな荒んだ街から始まり、自分の殻に閉じこもった青年主人公がときに自らの中の破壊衝動をコントロールできずに、それでも悪と戦う自警活動をやめられない。正直いってそのまま、精神面で成長せずにラストまで持っていってほしいという衝動を観ている最中に感じたが、中盤のキスシーンで物語はなだらかに変調する。クライマックスの、ドラクロワレンブラントの名画を思わせる重厚な光線設計の救助誘導の場面へと導きだされたメッセージ性もまた、悪くないと今は思ってる。暗い通路で明滅する戦闘シーンのスタイリッシュさ、歯止めの効かない行動原理を象徴したカーチェイスなど、アクションもそれぞれちがう趣向が凝らされていて見ごたえがあった。

 

パワー・オブ・ザ・ドッグ ('21 イギリス、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ニュージーランド/監督:ジェーン・カンピオン)

室内を撮る空気感、日常に潜む緊張がこれでもかと演出されているのが印象に残った。同じく人間関係でのやり場のない居心地の悪さも。聖書で説かれるところの“犬の力”への対処は人それぞれだが、完全に逃れることができないからこそなるべく自らを遠ざけろという事なんだと思う。同性愛者である事を自分自身で認めることができずに生きる西部のカウボーイを演じたカンバーバッチの、表情のみならず仕草や姿勢でまで表現した様子が忘れがたい。ただ、他者への攻撃性という現罪に対してのアプローチは、ふんわりとしたままで終わっているような感じもする。

 

バトル・オブ・ザ・セクシーズ ('17 アメリカ、イギリス/監督:ジョナサン・デイトンヴァレリー・ファリス

プロテニスの賞金の明確すぎる男女差に対して異議を申し立てた女子選手が、旬を過ぎた50代の男子選手のおちょくりめいた挑戦を受けて立ったという70年代アメリカの実話がベース。女性蔑視という根を持つ性差別が今よりさらに当たり前だった時代の空気の再現がこれみよがしさの無い自然さで、そうだ、悪意以前の態度の噴出だからこそ問題は深いのだと改めて気付かされる演出になっている。主人公のレズビアンの女子選手、人格的にも経済的にも頭の上がらない妻を持つ男子選手、双方を囲む登場人物たちすべてにこまやかに陰影が付けられており、脚本が非常に練られているために試合の行方が単なる勝敗のカタルシスを超えた、将来というそこにはない次元への希望が感じられた。特に性格描写が巧いと思ったのはそれぞれの配偶者たちで、結婚という引いて考えれば相当に不思議なシステムについてのパースペクティブにもなっていると思う。

 

2022年4月に読んだ本

フロイト、夢について語る

フロイトは名著『夢判断』のあとにもちょこちょこと夢と無意識とにまつわる論文を書いていたそうで、それらを集めた内容だけに(ん、先生その話まえにもしてなかった?)と読んでいて思わなくもなかった。それだけにフロイトの著作の良さが再確認しやすくもあって、まず先生は、自分自身の夢に対してもなかなか容赦なく無意識の現われを腑分けしている事。極めて率直な姿勢であると思う。(もっとも性にまつわる診断は入ってなかったけど)それから、フロイトの書く文章は医学論文にしてはかなり創造性が高いのではということ。要するに読み物として耐えうる、書き手の意思表明に満ちている。…それが発表時から後年にいたるまでの絶えざる粗さや強引さの指摘のもとになっているきらいはあるものの、やっぱり自分はフロイトが見出した無意識という領域の意義は大きいなと思う。

第64回2022春調査

アニメ調査室(仮)さんにて開催中。以下、回答記事です。

 

2022春調査(2022/1-3月期、終了アニメ、61+2作品) 第64回

01,殺し愛,x
02,ぷちセカ,x
03,東京24区,x
04,平家物語,S
05,オリエント,x

06,スローループ,x
07,トライブナイン,F 
08,プラチナエンド,x
09,マジカパーティ,x
10,王様ランキング,z

 

11,終末のハーレム,x
12,オンエアできない!,x
13,どすこい すしずもう,x
14,かなしきデブ猫ちゃん,x
15,リアデイルの大地にて,x

16,ドールズフロントライン,x
17,フットサルボーイズ!!!!!,x
18,おかしなさばくのスナとマヌ,x
19,ヴァニタスの手記 第2クール,x
20,トロピカル~ジュ! プリキュア,x

 

21,デュエル・マスターズ キング!,x
22,ミュークルドリーミー みっくす!,x
23,欠番 (削除不可),x
24,プリンセスコネクト! Re:Dive Season2,x
25,BanG Dream! ガルパ☆ピコ ふぃーばー!,x

26,ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン,B 
27,ありふれた職業で世界最強 2nd season,x
28,進撃の巨人 The Final Season パート2,A
29,現実主義勇者の王国再建記 第二部,x
30,新幹線変形ロボ シンカリオンZ,x

 

31,あはれ! 名作くん 第6シリーズ,x
32,その着せ替え人形は恋をする,x
33,異世界美少女受肉おじさんと,x
34,天才王子の赤字国家再生術,x
35,ハコヅメ 交番女子の逆襲,x

36,からかい上手の高木さん3,x
37,賢者の弟子を名乗る賢者,x
38,怪人開発部の黒井津さん,x
39,明日ちゃんのセーラー服,x
40,幻想三國誌 天元霊心記,x

 

41,半妖の夜叉姫 弐の章,F 
42,錆色のアーマ 黎明,x
43,失格紋の最強賢者,x
44,鬼滅の刃 遊郭編,B
45,佐々木と宮野,x

46,錆喰いビスコ,F
47,闇芝居 十期,x
48,遊戯王SEVENS,F
49,ルパン三世 PART6,F
50,最遊記RELOAD ZEROIN,x

 

51,時光代理人 LINK CLICK,F
52,ガル学。II Lucky Stars,x
53,(地上波初放送) 範馬刃牙,x
54,(全8話) 王子の本命は悪役令嬢,x
55,(全12話) 86 エイティシックス 第2クール,x

56,(特番4話) マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 Final SEASON 浅き夢の暁,x
57,(ネット配信) ベイブレードバースト ダイナマイトバトル,x
58,(ネット配信) 爆丸ジオガンライジング,x
59,(ネット配信) 暗界神使,x
60,(WEB版) 俺、つしま,x

 

61,チキップダンサーズ,x
62,(ネット配信) 人形学園,x
63,のりものまん モービルランドのカークン,x

 

{寸評}

前期に続いて、あまり時間が取れない生活ということもあり、またもや途中で視聴を脱落するタイトルが多めになってしまった。後追いしたい作品はいくつもあるが、そこまでの気力みたいなものが自分にあるかは怪しい。

 

平家物語」S:精確には前期に配信視聴。企画としての確固たるオリジナリティ、絵巻物のように統一された画面づくり、歴史に埋もれがちな弱者としての視点をテーマにした現代性、そしてこまやかなアニメーション。まちがいなく20年代アニメの代表作のひとつになる。

ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」B:総じて、徐倫が決意を固めるまでの前半回の方が面白い。が、それは原作における傾向かもしれないので。

進撃の巨人 The Final Season パート2」A:中盤はシリーズ構成も演出もやや緩めに感じられたが、ラスト3話はパーフェクトに研ぎ澄まされた出来。特に最終話は、ミカサの愛に迷う姿のAパート、世界を滅ぼす怪物(ひとりまたひとりと持ち場から逃げ出す砲兵の描写が雄弁)となり果てたエレンの異形が歪んだカタルシスを醸すBパートという趣向が素晴らしい。

鬼滅の刃 遊郭編」B:TVシリーズよりさらにクオリティを上げようという意気込みが十二分に発揮された箇所も多かったが、過去回想の入れ方はこれからは思い切って原作から自由にアレンジした方がいい気がした。

 

 

2022年3月に読んだ本

ゴーイング・ダーク

巧妙化が進むインターネット上の極右の動きに対抗するために、国家とも繋がりの深いシンクタンクに所属する若き女性である著者が時には自ら対象団体に潜入してその実態を探る。現在の過激主義組織のネット活動の手口とその目指す方向が分かりやすくまとめられたノンフィクション。しかし著者同様に暗澹たる気持ちと絶え間ない混乱とにさらされるのは、今でもそしてこれからも、現状体制へのゲリラ戦として自らの身元や目的を隠した種々様々で物量多数のネット工作が厳として実在している現実を直視せざるを得ないからだ。どうしてこうなったインターネット2.0。しかし本書はただ絶望して手をこまねく態度だけにとどまっているわけではない。フェイクニュースへの訂正や指摘など、心ある人々のボランティアによってインターネットの良心は完全に駆逐されずに済むかもしれないといったいくつかの具体策も結尾には提示されている。とはいえ、またしても暗い気持ちになるのは、インターネット過激主義に関わる若者たちがたいがいの場合は感じがよい普通の人々として描かれていること。そしてその発言や思考に、少なからず共感してしまう部分が自分に無きにしも非ずという点。

2022年2月に観た映画

ユンヒへ ('19 韓国/監督:イム・デヒョン)

日本映画「Loveletter」に触発されての企画ということで、雪の函館のなんてことない住宅地の景色がとても印象的である。ただ、ドラマの骨格がもうひとつ弱く全体としてボンヤリとした感触。それが、娘と男友人パートのリアルさを生み出してはいるのだが。日本側の女性ふたりの会食での重み、それを示すには年上側が味わってきた社会当たりの強さを示すフラッシュバックなりの映像が欲しかった。ユンヒと兄との隠れた権力関係が暴かれるパートは良かったと思う。

 

シチリアを征服したクマ王国の物語 ('19 フランス、イタリア/監督:ロレンツォ・マトッティ)

日本でも近年いくつか短編集が訳されているディーノ・ブッツァーティの童話が原作。雪原をさまよう髭面の中年男と年若い娘の芸人二人連れ。寒さを避けて迷い込んだ洞窟には先客のクマが!お得意の物語芸をみせて襲われるのを先延ばししようとする。そこで選ばれたのがクマが人間の王を追い出してひととき国を治めたときのお話… とぼけたアイロニーと身につまされるペーソスはまさしくイタリア調。軽やかだけど気鬱さが底を流れ続ける世界観がさっぱりとした線のキャラクターと濃厚な色彩設計とで象られる。巨大猫の突然のアタックを迎え撃つクマ軍団のハラハラさ、秘密の庭園に夜にしのびこむドキドキぶり。そしてやがて悲しう世の終はり。…だけどクマは知っていた。物語は終わっても調和ある世界を求める挑戦は続くという事を。エピソード構成のメリハリ、線のシンプルさからくる動きの楽しさ、不調和ギリギリの鮮やかなコントラストの色彩が伝えてくる多様な視点。まさしくアニメ映画!という満足感がある。

 

フレンチ・ディスパッチ  ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊  ('21  アメリカ/監督:ウェス・アンダーソン)

垂直断面図や部分アニメを駆使して体験する「観る雑誌」。廃れゆく総合文芸雑誌の残り香を、このSNS全盛時代に留めようとする愛らしく淋しげな試み。雑誌は、常に"ここではないどこか"に憧れ、だから見えない場所に居る人々に思いを馳せ、もしかしたらあったかもしれない異なる人生に想像力を遊ばせることができた。芸術、革命、犯罪。すべてを一つの屋根に収めるその媒体の何と奥行きの広いことか。

 

さがす ('22 監督:片山慎三)

行方が突然わからなくなった父を探す中学生の娘は、やがて指名手配された殺人犯と邂逅する。奇妙な運命の縒り合わせで関わりあう人々がやがてはそれぞれに自分が何者であるかを知り、そうすることで相手の内面を反映した像をようやく得る。そこで法の摩擦があったとしても、なお残るものがあるかもしれないという"希望"を提示しているのが本作の美点。「探す」ことは傷を付けすがり合いながら「繋がる」ことであった。…という分かったようなまとめ方では収まらない、渾沌と精緻とが絡み合った作品。

2022年2月に読んだ本

掠れうる星たちの実験

サリンジャーへの作家論である表題作を中心に新刊レビューと未発表作を交えた短編小説とで構成された割と変則的な一冊。この人の書評、わたしよく分かんねえな。でも文章の表面に目を滑らせているだけで気が落ち着くというか何かしらの満足感はあるので、やはり相性がいいんだと思う。今度はパロディやナンセンスから離れた短編集を読んでみたいな。

 

我が友、スミス

派手ではないものの安定した生活環境、精神状況。しかし何かが主人公である三十路のOLを連日の筋肉トレーニングへと向かわせる。出だしからコンテストの顛末まで、一貫して淡々としたリズムで綴られるが、その心の揺らぎはストレートな共感を呼ぶ。文体の表面をうっすらと覆うユーモアですら、リアルを生きる身には懐にひそめた短銃と同じ意味合いなのだと作者と読者の間に生まれる共犯関係。これは最先端の日本ハードボイルド。主人公にコンテストの道を示すトレーナーの性別が最初は明かされない先入観トリックや、ドラマクライマックスの直後に声をかけてくる存在の意外性など、中編ながらも長編に負けない印象の強いフックがいくつもある。