2021年4月に観た映画まとめ

私は確信する ('18 フランス、ベルギー/監督:アントワーヌ・ランボー)

妻殺害への冤罪が疑われる男を、その娘と親しいがために救おうとする調理師のシングル・マザー。やり手の弁護士を探して助手の役目まで負う彼女の行動力はときに常軌を逸しているのではと感じるように描かれ、じっさい劇中の展開で職を失うが、まだ幼い息子の信頼だけは繋ぎ留めることにより映画のバランスは保たれた。それは結末で、審議の真偽よりも裁判がいかに公平に行われるか、その手順を踏む意味をより重視するテーマに結実することでも確認される。

 

ノマドランド ('20 アメリカ/監督:クロエ・ジャオ)

ドキュメンタリー風味の映像詩という基本構造だが、観た経験から時間を経るごとにふしぎとドラマ部分が浮き上がってくる。矛盾との絶え間ない会話こそがアメリカという国だと、移民系の監督が静かに宣言するその残像としての事々。家を持たないだけで帰る場所がないわけじゃない。逆に言えば、誰にとっても最高な終の棲家なんて幻想にしか存在しない。だから荒野を走りつづける意味がある。そこから見えてくる乾いた大地は限りがなく風が常に抜けていく。

 

DAU.ナターシャ ('20 ドイツ、ウクライナ、イギリス、ロシア/監督:イリヤ・フルジャノフスキー、エカテリーナ・エルテリ)

何度説明を読み返しても、あまりの規模の大きさや正しい意図がよく理解できないが、ソ連時代の実在した軍事都市をまるごと再現するプロジェクトの一環で撮影された劇映画。ゾッとする尋問の模様のリアルさはまさしく“凡庸な悪”そのもの。それと呼応するラストシーンの主人公の激情は、巷間にありふれたもので、つくづく人の世を生きるのがしんどくなる。続編は期待してるけど、けど今からしんどいなあ。

 

Away ('19 ラトビア/監督:ギンツ・ジルバロディス)

主線のない色彩の面で構成されたアニメーションが美しく、ひとりぼっちでここではない何処かを目指さなくてはならない主人公にずっと付き添う鳥が単純に愛らしい。そして“盗んだバイクで走り出す”その先を想像したかのような謎めいた結末。海外アニメを観る喜びが短い上映時間の中に詰まっていた。なかでも吊り橋をめぐる攻防は、高所恐怖症を煽ってくるスペクタクルでハラハラ。鏡のような湖面に鳥の群れが乱舞するのが映るシーンは鮮烈。

 

(ネット配信で視た映画)

Mank/マンク ('20 アメリカ/監督:デヴィッド・フィンチャー)

全編モノクロなこともあるが、これは映画館で集中して観るべきと後から気付いた。時系列がこまかく前後するのも、気を付けてないと物事の関係が追えなくなる。あえてクラシカルなカメラワークや人物の対立構図で作られている中で、女性の主観のありかに気を払ってある現代性が際立つ。ボスの愛人を兼ねるブロンド女優は意見を口にすることに掛けては取り巻きの役員たちより率直だし、マンクの妻は口数少な目ながら同志のようでもある。

第61回2021夏調査

アニメ調査室(仮)さんにて開催中。以下、回答記事です。

 

2021夏調査(2021/4-6月期、終了アニメ、47+4作品) 第61回

01,MARS RED,F
02,バクテン!!,x
03,転スラ日記,x
04,ましろのおと,x
05,スーパーカブ,x

06,灼熱カバディ,x
07,美少年探偵団,x
08,バック・アロウ,B
09,オッドタクシー,z
10,シャドーハウス,B

 

11,おしりたんてい,x
12,86 エイティシックス,x
13,ドラゴン、家を買う。,x
14,キラッとプリ☆チャン,x
15,やくならマグカップも,x

16,さよなら私のクラマー,x
17,ヘタリア World★Stars,x
18,イジらないで、長瀞さん,x
19,恋と呼ぶには気持ち悪い,x
20,ゾンビランドサガ リベンジ,x

 

21,フルーツバスケット The Final,x
22,ゴジラ S.P (シンギュラポイント),A
23,Fairy蘭丸 あなたの心お助けします,F
24,幼なじみが絶対に負けないラブコメ,x
25,ひげを剃る。そして女子高生を拾う。,x

26,カードファイト!! ヴァンガード overDress,x
27,セブンナイツ レボリューション 英雄の継承者,x
28,究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら,x
29,スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました,x
30,擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD,A

 

31,バトルアスリーテス大運動会ReSTART!,x
32,すばらしきこのせかい The Animation,x
33,異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω,x
34,結城友奈は勇者である ちゅるっと!,x
35,憂国のモリアーティ 第2クール,x

36,セスタス The Roman Fighter,x
37,Vivy Fluorite Eye’s Song,F
38,七つの大罪 憤怒の審判,x
39,聖女の魔力は万能です,x
40,NOMAD メガロボクス2,F

 

41,蜘蛛ですが、なにか?,x
42,戦闘員、派遣します!,x
43,SSSS.DYNAZENON,x
44,いたずらぐまのグル~ミ~,x
45,(全50話) りばあす,x

46,(全23話) 魔道祖師 (前塵編/羨雲編),C
47,(全9話) レゴタイム レゴ モンキーキッド,x
48,(全4話) レゴタイム レゴ フレンズ (2期),x
49,(全8話) 黒ギャルになったから親友としてみた。,x
50,(全12話+特別編) ワンダーエッグ・プライオリティ,x

 

51,パウ・パトロール シーズン3,x

 

《寸評》

「バック・アロウ」B:ロボット描写はあまりピンとこなかったし、最終決戦には寝オチしてしまったりと、中島かずきの熱血展開は今回も合わなかったわけだが、群像劇としてはまずまず楽しかったし、会話の掛け合うテンポは面白かった。最後に明らかになった大設定もインパクトはあった。

「シャドーハウス」B:先に原作を一気に読んでしまっていたので、ついついそちらと比べてしまったのだが、丁寧で無難なアニメ化という印象。カメラのレイアウトでもっとアニメならではの見せ方が欲しかったなということがある。しかしそれでも、エミリコたちの愛らしさが一番に大事にされていたのはそれはそれで良かったと思う。終幕は友情と信頼の暖かさが残った。

ゴジラ S.P (シンギュラポイント)」A:オチぐらいはもっとクールをかなぐり捨てて情感を出してきてもいいんじゃないのという、些細な“解釈違い”はあったものの、これまでにないSFアニメを作ろうとしたスタッフの芯には非常に堅固なものを感じて安心して楽しめた。ポップな色彩感覚などの画面設計のすばらしさも特筆もの。

「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」A:情念に重心を置いたあえてのアナクロさを一貫した監督の手腕、企画を出した製作の心意気に好感を持つ。バランスの難しそうなキャラクターデザインを制限がありそうな中でよく動かしてもいた。

「魔道祖師 (前塵編/羨雲編)」C:道士の妖怪退治ものと有力豪族の派閥争いという二筋に意識を集中しても尚わかりづらいという構成の整理のなさには視ていてくじけかけた。作画は美麗なまま保っていたが、できればキャラクターの顔のバリエーションは増やしてほしい。ともあれ、中国Webアニメの隆盛を知るには良い題材だった。

2021年5月に読んだ本まとめ

〈わたし〉は脳に操られているのか

 脳が単なる電気信号のやり取りで動くシステムに過ぎないのなら、人間の感情や“自由意思”に果たしてこれからも意味を見出せるのか?という命題をめぐる考察。各章の冒頭に示される個別の具体例は読みごたえがあったが、仮説を検討して主張を立てていく醍醐味はやや薄かった。

2021年3月に観た映画まとめ

シン・エヴァンゲリオン劇場版:ll ('21/監督:庵野秀明摩砂雪鶴巻和哉前田真宏中山勝一)

ラストシーンが寂しくもあり爽やかでもあり感無量。色々と衝撃を振りまいてきた本シリーズがこうしてジュブナイルとして大団円を迎えた事に、様々な困難を越えて形を為したスタッフ諸氏に、90年代に青春を送った者として感謝を述べたい気持ちで満たされた。同じ女としては、リツコやミサトのテレビシリーズからの吹っ切れ方に快哉を送りたい。前半の農村風景と、後半の量子論SF世界をメカ描写の力で結びつける剛腕もギリギリ成功。

 

あのこは貴族 ('21/監督:岨手由貴子)

平熱で綴られる端正な東京の日常。すれ違いの出会いで人生を変えられる瞬間の密度こそ、東京という複雑な層の街の本質であり、日本人にとって東京が単なる首都以上のアイコンであることの意味でもある。令和の「東京物語」。たった一人の理解者がいれば生きていける街。人も街も顔は一つだけじゃないと教えてくれる場所。ところで、主人公の一人の実家の地に足が着いた裕福さを映した諸シーンが特に秀逸。いっけん手が届きそうな箇所にこそ格差のエッジは潜む。その裏面として洗面台に喀痰されるシーン。

 

すばらしき世界 ('21/監督:西川美和)

職場で徒党を組んでだれかをいじめる時、どんな顔をすればいいか分からない。分からないことさえ責められる社会においていかに“正しく”生きればよいのか。そんな悪い意味でも広く野放図な世の中を、心の中でどう受け止めればいいのか。そしてどう名付ければ落ち着くのか。主人公が刑務所という一つの安寧の地から旅立ち(雪舞う白い空)、嵐の宵に雲厚い空に昇っていった生のシークエンスを考える時、為されなかった仕草、発せられなかった言葉の意味が手渡されてくる。喧嘩相手の耳をかじる役所広司の演技はまさに憑依されたかのようで、そして映画としてのエロスを一手に負ったキムラ緑子のささやきがいつまでも耳元にリフレインする。力強さと軽妙さを併せ持った重奏の作品。人がしゃべる事そのものがそもそも滑稽なのだ。だからシリアスな状況でも笑いは常にしのび込む。

 

〈ネット配信で視た映画〉

蜘蛛の巣を払う女 (’18 イギリス、ドイツ、スウェーデン、カナダ、アメリカ/監督:フェデ・アルバレス)

人類とその生存空間が恐ろしくなる前作よりもグッと安心して観られる。こちらの神経過敏がやや収まったリズベットも自分は嫌いじゃない。でもなー。やはり一言でいうと凡庸なサスペンスアクションと評してしまうのに吝かでなかった。

 

2021年2月に観た映画まとめ

ウルフウォーカー ('20 アイルランドルクセンブルク/監督:トム・ムーア、ロス・スチュアート)

劇中の敵対関係の寓意面が自分にはあまりピンとこなかった。アニメとしてのビジュアルはかなり好みなんだが。オチもあまりに予定調和すぎる。簡単な決着はないよという具合の方が納得できた。同スタジオの「ブレッドウィナー」のように。

 

国葬 ('19 オランダ、リトアニア/監督:セルゲイ・ロズニツァ)

うん、予想よりずっと寝た。だがその“社長の葬式フィルムを全社あつめられた文化ホールで見せられる感じ”が、ドキュメンタリーの中で延々と列を歩かされるソ連国民とマッチして、自分がその場に立って表情の作り方、退屈のしのぎ方に困っているような逆アトラクション感はあった。

2021年4月に読んだ本まとめ

炎と血 (Ⅰ,Ⅱ)

炎と血 Ⅰ

炎と血 Ⅰ

 
炎と血 Ⅱ

炎と血 Ⅱ

 

 当世最高の異世界ファンタジーシリーズ「氷と炎の歌」のスピンオフである前日譚。学僧が綴る歴史文書の体裁を取ることで、よくある中世風ファンタジーの陳腐さから逃れ、あまつさえ叙述ミステリの手法によって読者の想像の領域をより膨らませてくる。そして読者は、本伝主人公の一人デナーリス王女の数世代前の祖先が戦乱と謀略の中をそれぞれの個性をむき出しに生きた時代へと、時に繊細に時に荒々しく描くマーティン節により本の中の世界に没頭し、戦慄したり嘆息したりする。こんな歓びは本当に、本当に他にない。マーティン兄貴は神。創造主。ターガリエン家は良くも悪くも激しい性分を受け継ぎ、なかでも女性たちの自我の強さは男性陣以上に印象に残る。しかしその特権階級としての呻吟は、時代モデルである現実の近世で言葉のひとつ、悲鳴のひとかけさえ遺らなかった市井の女たちへの想像さえ読者の鼓膜に反響させる。桁違いの作家を浴びたければ、本伝を読んでなくともこちらを先に手に取るべし。

 

最近読んだ漫画いろいろ その3

バクちゃん (全2巻)

宇宙港経由でバク星から東京へ叔父を頼りにやってきたバクちゃん。希望を浮かべて不安を手に地上へ降り立つギミックのレトロフューチャーにまずホンワカするが、住民に混じってしまえばそこで出会う無理解な視線や、理不尽な境遇はどうしたって避けられない。これはバク星人のこども、バクちゃんが見つめる街の点描ワンシーズン。拒絶や失敗は苦いけど、一歩踏み出さないことにはその場所を愛せるかどうかも分からない。だからバクちゃんは今度は誰かを手助けできる側になりたいと気付く。生きる場所を選べない人、行きたい所を目指す人どちらものために。ところでバクちゃんが下宿先を見つけたり、自治体主催のグループワークに参加したりする様子は、生活の手触りに満ちていてワクワクするのよ。


ゆりあ先生の赤い糸 (既刊8巻)

刺繍教室を営みながら、夫と義母の三人暮らしでそれなりに穏やかな幸せを感じていたゆりあに、夫が不倫の最中に脳卒中で倒れたという青天の霹靂が走る。しかし驚愕はさらに第二弾、第三弾と畳み掛けられていくのであった。真性サバサバ女子50歳のゆりあ先生を中心に突発的ニューファミリーが編成されていくという、少女漫画とレディースコミックと社会思考実験とがギザギザと領域侵犯しあうコメディ。儚げに揺れる心とふてぶてしいまでの生命力を持つキャラクターの掛け合いは、非常にドラマ化に向いているだろうなとも思う。家庭とは一つの規範しかないのか、女は閉経したかどうかで自意識が定まるのか。今度はゆりあ先生が進撃する番です。