エレメントハンター の検索結果:

第16回2010年春調査

…・ヲ・ト,z 18,エレメントハンター,A 19,COBRA THE ANIMATION,f 20,犬夜叉-完結編- (2期),z 21,バカとテストと召喚獣,z 22,フレッシュプリキュア!,x 23,チェブラーシカ あれれ?,z 24,天体戦士サンレッド (2期),x 25,キャラディのジョークな毎日,z 26,ヴァイス・サヴァイヴR (2期),z 27,メタルファイト ベイブレード,x 28,ひだまりスケッチ×☆☆☆ (3期),x 29,ダンス イン ザ ヴァンパイアバ…

「エレメントハンター」全39話終了

ジュブナイルアニメとして良質。メインキャラクターそれぞれが生まれ持ってきた基本性格にかててくわえて生育環境、さらには現時点でのコミュニティポジショニングが加味されてのドラマ展開は、それだけで見ごたえがあった。個人的には天才気質で一歩仲間の輪から引いていたトムの、さりげない変化が印象に残った(カー博士のラボでのつぶやきには、ちょっとした失恋の匂いすら感じられたり)。 科学設定面は飛躍が大胆だったこともあって、そちらの方面に疎い自分には評価軸がないけれど、最終局面において、文化人…

年末滑り込み企画*2009年のアニメやら漫画を気の赴くままに

…枠なのが3クールの「エレメントハンター」。こちらもダレそうでいてダレない絶妙なシリーズ構成によりダークホース的存在。子供の心理描写をきれいに割り切らず、さりとて後にもひきすぎないというさじ加減が絶妙で気にいってます。同様に視聴中の「鋼の錬金術師FA」は5クールとの噂もある長丁場シリーズ。コンスタントに面白い良く出来てる作品。自分は一作目よりも好き。長丁場となるか、単に休止週が多くなるかは不明ですが「怪談レストラン」も久々のゴールデンタイムアニメとして、十分に落ち着いてなおかつ…

エレメントハンター#14「運命の自由落下」

QEXが登場しない回はこれが初めてかな。ただし変則チームの“連携プレイ”描写はあるのが筋通し。あのお偉いさんの中にカー博士と通じてる人がいたとはねー。補給係のおねえさんへの連絡もあのドレッドヘア氏が手引きしたのかな。カー博士が、文字通り「社会的に抹殺された」(コロニー統制きっつい。地球より環境はやはり苛酷なのかな)アリーを呼び寄せようとしたのは、後々政治的宣伝に利用しようという腹積もりがあるようにも思える。もちろんそれだけじゃないだろうけど。それにしても、簡易脱出ポッドで月軌…

エレメントハンター#13「破滅を呼ぶ特異点」

やりおった。さすがNHK教育、ごまかすことなく人生の無常と不条理を淡々と描きおった。公正にして思いやり深い優等生少女アリー、平行世界にて不慮の事故に死す。月下美人のように夜に輝く食虫花タイプのQEXがあくまで美しく、それがかえって彼女の最後の生の数秒をやるせないものとした趣向が出色。レンをかばったその死は決して無駄ではない。だけど、立ち会った者たちがこれからいかなる負荷を持って生きるかについては、思わず現実世界の事のように考えてしまう。親にも内緒の任務だし、ホログラムのカー博…

エレメントハンター#11

ロシア娘ナターシャ、美少女すなあ。キアラに競技会コスチュームを渡されるシーンのキラキラぶりはなんだかものすごく懐かしい演出を見せられた気分。キアラ父(実はラテン系)は出かけているっていうけど再就職したかどうか描かれないのはなぜなの…

エレメントハンター#10

トム話。幼年時代に一人みんなの輪から外れていた情景だけがトムの寂しさを示す描写で、あとは「人は人、自分は自分」という価値観を持ち上げるでもなく突き落とすでもない淡々とした教育要素が相変わらず異色。ホミのメル友の誘いを断ったトムに共感するもよし、似た者同士ながら親友がいる事に喜びを感じるホミに親近感を持つもよし。多彩な価値観を認め合うという方向性は一貫している気がする。

エレメントハンター#9

レンの学校での不真面目な態度と無断夜間外出に両親もやはり黙っていられなくなるというエピソード。…次回予告で一人だけ個別エピが後回しにされた形のトム自身がネタにしてたけど、まあ早めに触れておくべき被保護者部分ではある。結局、詳細は分からないまでも息子と仲間の様子から大まかに判断して自分の裁量と責任でもって息子を信用することにした父の姿が教育チャンネル的で安心させられる後味。ところでホミの「いい…これいい! グロっぽいとこが」みたいな唐突セリフがすごいいい味出してた件。

もうすぐXデイが。ホームページ開設10周年の節目が。 …その前に現視聴状況の整理でもしとくか。 月:なし 火:なし 水:モノノ怪 木:なし 金:栞と紙魚子の怪奇事件簿 土:エレメントハンター、獣の奏者エリン、源氏物語千年紀Genji 日:ハガレンFA、化物語 …減ったねー。とりあえず各話感想実施中は4作か。

エレメントハンター#8

ロドニーはアリーと優等生キャラがカブってると思ってたけど、社会の期待に応えるという公共心を持ったアリーと違って(ある意味より純心といえる)自負心の向上を目的とした『自分のために』切磋琢磨しているとの事。すっぱ甘い水を作る工程や黄金昆虫がそれに寄って来る描写がなかなか科学教育番組してて面白かった。しかし次回はトムの掘り下げエピソードかと思ってたのに、なぜかすっとばされてレンと母の話らしいのだった…

エレメントハンター#7

作画すっかり安定。日本制作の通常レベルと遜色ないのでは。ストーリーの方はしばらく各キャラの個別掘り下げが続くのか、今回はホミのエピソード。プレッシャーを内心感じている尊敬すべき祖父のイメージを投影してくるという嫌な心読みQEXというアイデアが面白いし、冒頭の牧歌的な日常が序々にホラーになっていくという夢見部分の描写も深層心理学のそれらしくて良かった。

夏はやっぱりNHK

TV

…SP:ライブ部分ではエレメントハンター主題歌が一番気に入った(番組OPではいまいち映像とマッチしてないのがかえって分かったという事でもあるが…)。BSで後日放送される完全版もチェックせねば。 ・ドラマ「気骨の判決」:第二次世界大戦中に、大政翼賛会による選挙妨害事件を担当した実在の判事をモデルとしたフィクション。キャストの手堅さと脚本の品の良さが忘れがたい。主人公である判事の“個人を憎まず状況に流される空気に抗する”穏やかさや、翼賛体制に末端として協力する弱き人々を悪者とせずに…

エレメントハンター#6

選ばれし少女アリーがお馬鹿少年レンに感化されはじめるとゆーラブリーなお話。 ただしわりかしきちんと子供視点での姿勢が固まっており、鼻につくところがないのは感心した。親や社会の期待に応える優等生然としたアリーの生き方に疑問符を付けるというのでもなく、ただ単純にその場その時を全身で楽しもうとする正反対な資質のレン(ここにきて同年代キャストが活きてきてる)に影響されるというのは、頭の柔らかい思春期前ならではの描写でいいと思う。…でもトムはあの後アリーのおしりぺんぺん盗撮動画(未来の…

エレメントハンター#5

キアラ父、キアラ母とは仲違いしているわけではないらしい。母の職業はヒーローアクトレスとでも言うものなんだろうか(名前が『奈緒美』ってのは森永奈緒美からのインスパイア?)。とはいえキアラの以前のセリフ「そんなんだからママに逃げられる」からは母が父の無気力ぶりに嫌気が差してあえて家を出ているという風に聞けたんだが。脚本指向の変更でもあったのかも。で、今回は正義の二文字にこだわるキアラのバックボーン(母の職業が“正義の味方役”)、その有言実行ぶりを示したエピソード。なかなか自然なキ…

エレメントハンター#4

コロニー側と地球側の子供たちそれぞれの言い分がいよいよ正面きって衝突。理屈で押され気味な地球側がホミの科学アイデアでミッション成功を見せつけてその場は収まるというエピソードで、今回がこれまでで一番テンポよく見られた。ただコメディパートは相当な上滑り。これはヌキやタメが不得手な韓国作画作品ではよくある事で、再放送でみた2話でのキアラ父のうつろな明るさなどはそれを逆手に取ったような狙ってない効果によってリアルな存在感を持ってたのは面白い。あと、カブトボーグなんかはそういったフラッ…

現在のアニメ視聴状況

月:青い花(BS) 火:(鉄のラインバレルを見たり見なかったり) 水:なし 木:なし 金:(シャングリ・ラと懺絶望を見たり見なかったり) 土:エレメントハンター/獣の奏者エリン/PandoraHearts(BS) 日:鋼の錬金術師FA/化物語(BS) 感想対象は計6本。あら減ってきた。なおカブトボーグは残り7話ありますがボチボチ。

エレメントハンター#3

そばかすのおっさんぽいしゃべりウケる。あとキアラの失業中の父はロイドさんの色違い。丸っこいめがねに伸びがちなボサヘヤーはダメスメル男のアイコンなのだと再認識。先週見逃したんでよくつかめないけど、ホログラム博士の少女時代にしろ地球側キャラにしろ、家庭環境に欠落感を持たせているあたりに教育番組的ドラマ要素が。

エレメントハンター#2は録画失敗したので感想欠番です。

エレメントハンター

アスカさん、なにしてはるんですか。未来のオート・ローラースルーゴーゴー笑った。そして初回からおしっこおしっこ言ういたいけな少年少女。しかし一番エロいのは桑島声のメガネ褐色少年という罠…… 恐竜もどきに糞尿かけられてシャワー浴びるシーンはいつですか。…あっなんで変なスイッチ入ってるんだ自分。補正補正。ところでエンディングクレジット見る分には、作画と撮影はオール韓国担当。全体的に「動いてる」感より「動かされてる」感のある作画具合だけど、要所要所ではきっちりダイナミックにアクション…

29号

Vジャンプでやるエレメントハンターのコミカライズは中島諭宇樹。これは思わぬ展開。 トリコ:祝・一周年。本編の方も合わせてスカッとした合間回。リンはまあ予定調和の範囲内と。NARUTO:あらためて見ても親兄弟がいない奴に家族に裏切られた気持ちわかるかというサスケの一方性が鼻持ちならないけど、当世風ナルシシズムの一形態とみれば結構秀逸かもね。そして相対的にサスケの言い分を認めて反省するナルちゃんの株はやや上昇、と。めだか:天然か計算かわからんデレ描写ってどういうもんだろ。AKAB…