[一般書籍]今年出会った書籍5選

発行が昨年だったものもいくつかあります
ドリフトグラス(サミュエル・R・ディレイニー)

「エンパイア・スター」の眩いネオ・スペースオペラを発表当時の印象からおそらく遠くない新鮮な訳文で読めたことを、感謝してやまない年だった。
ジーン・ウルフの記念日の本(ジーン・ウルフ)人々が真に興奮して求めるものは何なのかを冷然と突きつける「ビューティランド」、何をやっているか理解できないマネーゲームに熱中したあとで気がつけば黄昏の薄闇の中、帰宅したドアの前に黙って座る見知らぬ黒衣の男と相対するという人生の縮図をゴブラン織りのごとくまとめた「フォーレセン」。ウルフのユーモアは悪意スレスレでほんとうにホラー小説より怖い。
プリティ・モンスターズ(ケリー・リンク)
プリティ・モンスターズ

プリティ・モンスターズ

現実のようなファンタジー、ファンタジーのような現実。ところでケリー・リンクはすでにアーシュラ・K・ル・グィンの後継者の位置に立ったと思う。
あなたを選んでくれるもの(ミランダ・ジュライ)人は他者を、思考の/社交の/比較の/表現の、素材として捉えているというのが真実かもしれない。しかしそれを認めてもなお、誰かと新たに知り合い、中途半端にでも親交を結ぶことから意味と意義は消えない。たとえそこにたくさんの戸惑いがあったとしても。ジュライの不屈の不器用さに温かみを感じてしまうドキュメンタリー本。
スペードのクイーン/ベールキン物語(アレクサンドル・プーシキン)
スペードのクイーン/ベールキン物語 (光文社古典新訳文庫)

スペードのクイーン/ベールキン物語 (光文社古典新訳文庫)

現代に舞台を置き換えてもそのまま通用するピカレスクロマンの傑作として、ほとんど新作小説の枠で読めるのはなかろうかというテンポの良さとスピード感を兼ね備えた新訳版。民俗語りオムニバスである「ベールキン物語」はパロディ化したようなつくりを意識して読むとなお楽しめると解説文で教えられる親切設計な編集。